Council on Public Policy Education

【狙撃】

005

狙撃(そげき、英: sniping)は、遠距離から狙い撃つ事です。現代の軍隊では精密射撃を主な攻撃手段とする遊撃戦術の事を指すこともあります。「sniping」の語源はタシギ(snipe)猟からきていると言われています。 狙撃は小銃(特に狙撃銃)を使って遠距離の目標を狙い撃つことで、自動火器(自動小銃・アサルトライフル・短機関銃)を用いた制圧射撃や近接戦闘と対になる概念です。 狙撃を専門とする者を狙撃手と言い軍隊や警察に存在しています。かつては小銃手の中、射撃技術が優れる者を任じていたが、近年では専門化が進んでいます。 【狙撃戦術】 狙撃は、特定の目標に対して限定的かつ致命的な攻撃を行うことができます。 敵の人員のうち特に指揮官、通信兵、機関銃手など重要目標を狙い撃ち、敵の戦闘力を削ぐわけです。同時に敵全体にプレッシャーを与え、行動を制限すると共に士気を低下させる効果もあります。 一般的に三脚に据え付けた機関銃に匹敵する有効射程を持つため、自動火器を補助する目的で行われることもあります。警察などによる人質救出においては犯人に限定して射撃を行う方が、強行突入して銃撃戦を演じるよりも人質を傷つける危険性が低いといわれています。

【コッラ―の戦い】

004

コッラーの戦いは、1939年12月7日から1940年3月13日までの間ラドガ湖北部周辺で行われた戦いで、冬戦争の一部です。 フィンランド軍(シモ・ヘイヘが属している)に対して、ソ連は兵力で大きく勝っていたが、ソ連軍は悪路を移動する準備を怠っていたため、コッラー地方に数本しかない道路を強固に防御していたフィンランド軍による強い抵抗を受けていました。 ソ連軍の進撃は阻止されたものの、戦いは冬戦争終結まで続いたため、防衛に当たった第12師団は大きな損害を出しました。 終戦間際には防衛側のフィンランド軍は崩壊寸前にまで陥っていたとされ、3月12日にはコッラ川の要衝から去っています。この翌日、戦争は終わりました。 この戦いにおいては、指揮官であるヴォルデマル・ハッグルンド少将とこの戦いで英雄となったアールネ・ユーティライネン中尉の会話が残されており、少将が「コッラは持ちこたえるか?」と尋ねたのに対し、中尉は「コッラーは持ちこたえます、我々が退却を命じられない限り」と答えたそうです。

【「おばあちゃん、ありがとう!」敬老の日のプレゼントランキング】

004

"敬老の日に、日頃可愛がってもらっているおばあちゃんに感謝の意味を込こめて、プレゼントをする人がほとんどでしょう。そこで、プレゼントの人気ランキングベスト5を紹介していきます。 まず、第5位は財布です。財布は時間が経てば経つほど古くなっていくので、おばあちゃんがもし長年使用しているのであれば、プレゼントをするチャンスです。財布は外では肌身離さず持ち歩くものなので、お金を払う度にプレゼントをしたあなたのことを思い出し嬉しくなるはずです。 第4位は食べ物です。美味しい食べ物を食べることは何歳になっても嬉しいものです。お年寄りには特に和菓子等の甘いお菓子が喜ばれるでしょう。歯が弱くなっている方もいるので、おまんじゅうやカステラ等柔らかいお菓子が人気のようです。 第3位が健康グッズです。マッサージグッズや癒しグッズなど、若い世代にも人気の健康グッズを贈ってみましょう。若い世代に人気の感性が多少入ったアイテムをプレゼントすると喜んでもらえる確率がアップします。 第2位がお花です。お花をプレゼントとしてもらうのは、いくつになっても嬉しいものです。生花だとすぐ枯れてしまうので抵抗があるという方は、今人気のブリザーブドフラワーがお勧めです。部屋の飾りとしていつまでも置いてもらうことができるし、少しの花があるだけでも部屋の中が明るく華やかな雰囲気になります。お年寄りは若いころに比べて疲れてしまうことが多いですが、お花の明るい空気で、心身共にリラックスしてくれること間違いなしです。 そして、第1位がお手紙です。敬老の日は、お年寄りに「いつもありがとう。これからも元気で長生きして下さい。」という気持ちを届ける日です。この気持ちを口頭で伝えることももちろん大切ですが、照れくさくてなかなか上手く言葉にできないという人がほとんどでしょう。そんな時、手紙が有効的なのです。言葉にできなくても、文字に書くことで気持ちがまとまりやすくなります。また、言葉で伝えるのはその一瞬ですが、手紙は一生残ります。 この他にもお勧めのプレゼントは様々あります。何より、本人への感謝と尊敬の意を込めることが大切です。"

Home

検索

Return to page top